第4回 横浜国立大学校友会主催学生アプリケーションコンテスト開催概要

今年のテーマ
『暮らしを豊かにするアプリ』
優勝賞金:30万円

審査日程
一次審査:9月
最終審査(プレゼン):11月18日(土)
応募締め切り:8月11日(金)
参加要項
各部門ごとの詳細を御覧ください.
最終審査会場
セールスフォース・ドットコム JPタワー12階
参加資格
2017年現在横浜国立大学に在籍する学生,もしくは,該当する学生を含むチーム(他校学生との協力チームもOK)
部門
開発部門,企画部門,ハードウェア部門
※重複エントリーはできません.

アプリ開発部門

・賞金

優勝30万円

準優勝10万円

※ただし,副賞の授与は表彰規程に準ずる.

・参加要項

Webアプリ・iOSまたはAndroidのいずれかで動作するオリジナルのアプリケーションを開発すること.

一次審査は,アプリ企画書等の提出が可能,最終審査(プレゼンテーション)では,完成したアプリが動作すること.

プレゼンテーション資料は,PowerPoint・Keynote・Google Presentationのいずれかで作成したものであること.

開発部門,企画部門,ハードウェア部門への重複エントリーはできない.

作品は他の同種のコンテストへ応募していないものに限る.ただし,応募した作品でも改良・改善を加えたものは応募可.

・注意事項

参加登録する際,

要項

実施要領

表彰規程

の三点を確認すること.

アプリ企画部門

・賞金

優勝10万円

準優勝5万円

※ただし,副賞の授与は表彰規程に準ずる.

・参加要項

一次審査は,アプリ企画書を提出すること.

プレゼンテーション資料は,PowerPoint・Keynote・Google Presentationのいずれかで作成したものであること.

開発部門,企画部門,ハードウェア部門への重複エントリーはできない.

作品は他の同種のコンテストへ応募していないものに限る.ただし,応募した作品でも改良・改善を加えたものは応募可.

・注意事項

参加登録する際,

要項

実施要領

表彰規程

の三点を確認すること.

ハードウェア部門

・賞金

優勝30万円

準優勝10万円

※ただし,副賞の授与は表彰規程に準ずる.

・参加要項

市販PC,スマートフォン,タブレット等以外のハードウェア(センサー、マイコン、アクチュエータ等)を用いること.

一次審査は,ハードウェア企画書等の提出が可能.最終審査(プレゼンテーション)では,完成したハードウェアが動作すること.

プレゼンテーション資料は,PowerPoint・Keynote・Google Presentationのいずれかで作成したものであること.

開発部門,企画部門,ハードウェア部門への重複エントリーはできない.

作品は他の同種のコンテストへ応募していないものに限る.ただし,応募した作品でも改良・改善を加えたものは応募可.

・注意事項

参加登録する際,

要項

実施要領

表彰規程

の三点を確認すること.

決勝観覧について

日時
2017年11/18(土)10:00~17:25(懇親会は17:30~19:10)
受付:9:40~
※途中入場可能(Twitterアカウントまたはお問い合わせに連絡ください。)
会場
会場:セールスフォース・ドットコムJPタワー12階
※オフィスエントランス付近に案内がいます。
参加費
学生
発表観覧:無料
発表観覧+懇親会食事代:2500円
※学生証をご持参ください。


社会人
発表観覧:2000円
発表観覧+懇親会食事代:3500円
※お名刺を一枚ご持参ください。
申し込み方法
以下の参加申し込みボタンからチケットをご購入ください。(Peatixを使用)
※事前にチケットの購入をお願いしております。

Timetable

9:40 開場
10:00 開会式
10:50 企画部門①
チーム「Ganseki」
11:10 企画部門②
チーム「はまっきだ」
11:30 企画部門③
チーム「素敵bot」
11:50 昼休憩
※横浜国立大学人工知能サークルによる余興あり
13:30 開発部門①
チーム「くまのゼミ」
13:50 開発部門②
チーム「くあっど」
14:10 開発部門③
チーム「Kan」
14:30 小休憩
14:50 開発部門⑤
チーム「チームT」
15:20 開発部門⑥
チーム「ペーパー」
15:40 ハードウェア部門①
チーム「N」
16:00 ハードウェア部門②
チーム「SKSH」
16:20 ハードウェア部門③
チーム「傘ホーダイ」
16:40 審査員講評
17:00 終了
17:30 懇親会
18:20 結果発表
19:00 閉会式
19:10 終了

YACとは?

横浜国立大学校友会主催学生アプリケーションコンテスト(Yokohama National University Apps Contest,通称YAC)とは,横浜国立大学校友会主催で毎年11月に行われているアプリ開発・アプリ企画のコンテストです. 今年は4年目で,昨年の第3回大会では,全62チームから応募がありました! アプリを実際に制作する開発部門と,企画をプレゼンテーションする企画部門の2種類があり, 文系・理系問わず,多くの横国生が参加しています! そして今年度は,「ハードウェア部門」の参加者を募集しています!

昨年度開会式の様子
昨年度審査員の様子
昨年度発表の様子
昨年度懇親会の様子
昨年度発表の様子2
昨年度学生運営メンバーの様子

審査員紹介(五十音順)

石田和也
rakumo株式会社 プロダクト部部長


横浜国立大卒。システム開発会社にて各種のWeb開発やBIシステム導入支援に従事した後、2010年に日本技芸に入社。クラウド型オフィスツール rakumo の開発に携わり、2013年より現職。プロダクトデザイン・開発を指揮する。
井上徹
横浜国立大学国際社会科学研究院 経営学専攻 教授


1976年 京都大学理学部入学、同経済学部、大阪大学大学院経済学研究科を経て、現職。専門は、マクロ経済学、ファイナンス。現在はそれらに加えて、0-1ファイナンスとベンチャーキャピタルの行動モデルを中心的な研究テーマとしている。2006年、YBC(YNUビジネスプラン・コンテスト)を創設、以後、継続して審査員を務める。
岩佐琢磨
株式会社Cerevo 代表取締役社長


準備中
内野大輔
株式会社オリエンタルインフォーメイションサービス システム技術本部・プロジェクトリーダー


システム開発会社にてWebや組み込み等、各種ソフトウェアの開発に従事した後、2012年に株式会社オリエンタルインフォーメイションサービスに入社。引き続き各種ソフトウェア開発に従事するが、2016年からは主にスマートフォン向けアプリの開発に従事する。
戸辺淳一郎
NewsPicksプロダクト本部 開発部長


2003年に「サッカープレイヤーを増やす」というミッションを掲げ、いままでに無い形でサッカーに関わる事業を創出し、サッカー x ITで株式会社イースリーを創業。12年間CTOとして、事業立ち上げ及びシステム開発に従事。サッカーの試合分析システムや対戦相手のマッチングシステムなど多くのユニークなシステムを企画、開発。その後メディアの面白さに目覚め、2015年にエンジニアとしてNewsPicksに参画。NewsPicks のWeb のリニューアルなどを担当し、現在は主にアカデミアなどの有料サービス向けの開発、運用を担当。
富田篤
株式会社プロトコーポレーション ITソリューション1部 R&Dラボ 拠点責任者
一般社団法人 iOSコンソーシアム 開発技術WG サブリーダー


フィールドエンジニア、ソフトウェアテスト設計エンジニア、VPNサーバーの開発・ミドルウェア開発・Webフロントエンド開発などを経て、 2005年にプロトコーポレーションへ入社。社内システム開発、自社運営サイトの開発およびディレクションを担当後、子会社設立出向時の社内システム開発とWeb制作およびシステム開発部門の立ち上げに参画。2010年には、広告業界ではいち早くスマートフォン・タブレットアプリの開発を手がけ多くの商品を創出。ウェアラブル端末やIoTなどの取り組みの一環としてコミュニケーションロボットを活用したソリューションの開発を推進する。 現在は新技術の商品活用を推進する「R&Dラボ」にて、画像認識技術・音声認識技術・Deep Learningの活用などに取り組む。 iOSコンソーシアム 開発技術WGサブリーダー。iOSに限らず、AI、AR/VR、ロボット、IoT、ウェアラブルなど広い分野の技術活用・ビジネス活用を推進する。
花村創史
株式会社ビザスク 取締役 エンジニア


スポットコンサルティングのプラットフォームビザスクを立ち上げ、CTOとして開発に従事。横浜国立大学在学中に研究プロジェクトが未踏ユース事業の採択を受け、その研究を続けながら同大学修士を卒業。株式会社日本技芸ではオフィス向けグループウェア「rakumo」の立ち上げメンバーとして開発を担当。その後GREEで、ゲームプラットフォームのユーザー獲得チームに参画。
ホ チェンユ
株式会社ipoca Senior Enginner of Service Department


台湾交通大学電気制御工学院を卒業。「Artificial Neural network」を研究し、画像処理に関する国際論文を発表した。 卒業後、タッチパネルファームウェアとシステム開発のプロジェクトを経験。 2014年にIPOCA社に入社、Nearlyサービスの開発を担当し、アトレや高島屋など多くの商業施設に続々と導入。 外国人向けJSTO、Y!ロコ、関西電力などのサービスと連携し、登録店舗数は1万以上になり、日本で最大・唯一の「店頭情報プラットフォーム」として成長してきている。
松井和巳
環境情報研究院 准教授


準備中

アプリ講座のお知らせ

アプリ講座【初級編】
岡崎 友宏(Trunk株式会社 取締役CCO)
ソーシャルゲーム会社など数社を経て2013年10月からヤフー株式会社に入社。ヤフーでは、ヤフオク!カンパニーオークション開発本部に在籍し、デザイナー、フロントエンドエンジニア、プロジェクトマネージャーとしてヤフオク!の開発に携わる。ヤフーに在籍中の2015年7月からに大学生向けにプログラミング・デザインなどの教育と就職支援を無料で行うTrunk株式会社を設立しCCOに就任。年間500を超える学習プログラムを提供している。

 ☆第一回 6/29(木)16:30~18:00

場所:PC教室A、B

 ☆第二回 7/3(月)16:30~18:00

場所:PC教室A、B

 ☆第三回 7/6(木)16:30~18:00

場所:PC教室A、B

寄付のお申込み

※校友会は任意団体であるため,ご寄付による税金の控除はできません.ご了承ください.

YAC2017法人寄付お申込み
フォームにご記入いただいた後,別途こちらからご連絡を差し上げます.
YAC2017個人寄付申し込み
「CANPAN決済サービス」という,外部の決済サービスを使っております.リンク先にある「都度寄付」より,YAC2017を選んでいただくと,クレジットカードを使った寄付ができます.

お問い合わせ

Twitter
お問い合わせフォーム
Facebook